About

Kenta Kojiri – Study for Self/portrait 2017
photo: momoko japan

小㞍健太 | Kenta Kojiri

ダンサー・振付家。3歳よりクラシックバレエを始める。1999年ローザンヌ国際コンクールにてプロフェッショナル・スカラーシップ賞受賞をきっかけに渡欧。モナコ公国モンテカルロバレエ団を経て、世界的な振付家イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアター(NDT1)に日本人男性として初めて入団。キリアンをはじめ、フォーサイス、エック、ナハリン、パイト、マクレガー、エックマンなど世界的な振付家の作品に出演し、ダンサーとして高い評価を得る。2010年キリアンの退団を機に所属カンパニーを離れ、『Study for Self/portrait』(原美術館)、小㞍健太+森永泰弘『The Threshold』(ゲーテ・インスティトゥート東京)などの創作を軸に、日本とオランダを拠点にフリーランス活動を始める。

2017年より他ジャンルのアーティストと協働リサーチやクリエイションを行うプロジェクト「SandD (Project“Surface and Destroy”) 」を始動し、サウンドデザイナー、照明デザイナー、能楽師、プログラマ、セノグラファーなどと共に、城崎国際アートセンター、オランダ大使館(駐日オランダ王国大使公邸)、Dance Base Yokohamaにて滞在制作を行い、ダンス表現における身体の在り方をパフォーマンスや作品制作を通して探求している。

近年では、バレエ、オペラ、ミュージカル、フィギュアスケートの振付、さいたま・ダンスラボラトリ(彩の国さいたま芸術劇場)の講師/ナビゲーター、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、DanceLab「ダンサー、言葉で踊る」キュレーター、千葉市・ヒューストン市 姉妹都市提携45周年記念バレエ公演 芸術監督、城崎国際アートセンター 滞在アーティスト(2017年、2019年)、Dance Base Yokohamaレジデンスアーティストを務めるなど多岐にわたる。

小㞍健太 | Kenta Kojiri
photo: Carl Thorborg

主な制作

  • 『のちのおもひに』(2010年、KORZO THEATER)
  • 『トキ』(2012年、日中韓芸術祭招聘作品)
  • KENTARO!!・小㞍健太『テラスキニ』(2013年、アーキタンツ)
  • 『光のヴァイブレーション』(2016年、NHKクラシック倶楽部収録作品)
  • 『Study for Self/portrait』 (2017年、原美術館)
  • 『THE KUMANO』(2018年、GINZA SIX観世能楽堂)
  • アルディッティ弦楽四重奏 × 小㞍健太『At the Core』(2019年、神奈川県音楽堂)
  • 『Dialogue』(2021年、Dance Base Yokohama)
  • 『Study for Self/portrait 2020』 (2020年、オランダ大使館)
  • 小㞍健太+森永泰弘『The Threshold』(2021年、ゲーテ・インスティトゥート東京)
  • 『Study for Self/portrait 2021』 (2021年、彩の国さいたま芸術劇場)
  • 小㞍健太+森永泰弘『ころり』(2022年5月初演予定、Dance Base Yokohama、神奈川県芸術劇場)

主な出演

  • シルヴィ・ギエム「6000 Miles Away」世界ツアー
  • イリ・キリアン『14‘20“』
  • 金森穣『solo for 2』
  • 平山素子『牧神の午後への前奏曲』『Hybrid』
  • 津村禮次郎『THE KUMANO』
  • YCAM InterLab+安藤洋子『Dividual Plays - 身体の無意識とシステムとの対話』
  • ヴィム・ヴァンデケイビュス『PUUR』
  • イリ・ポコルニ『The Little Great People』
  • 森山開次『星の王子さま』(飛行士)
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(死のダンサー)
  • クリスタル・パイト『The Other You』『The Picture of You Falling』
  • 島地保武『藪の中』
  • やなぎみわ × 野田亮『PASSAGE』

主な振付提供

  • オペレッタ『メリーウィドウ』(2015年)
  • ミュージカル『エリザベート』(2015年)
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(2016年)
  • NHK地域発ドラマ(兵庫)『あったまるユートピア』(2017年)
  • 夏木マリ印象派NEO『不思議の国の白雪姫』(2017年)
  • デニス・ヴァシリエフス『ラストサムライ』(2018年)
  • ステファン・ランビエール『ベートーヴェン-弦楽四重奏曲』(2019年)
  • オペラ『ピグマリオン』(2019年)
  • ミュージカル『Next to Normal』(2022年)
  • 宮原知子『Stabat Mater』(2022年)